スキンタッグ

スキンタッグは自宅でケアできる

 

首や顔に発症するスキンタッグに悩まされているなんてことはありませんか?

 

スキンタッグが発症する原因は古くなった皮膚である角質が大きく関わってきます。人の皮膚はターンオーバーと呼ばれる周期によって垢などと一緒に取れるようになっています。

 

そして、新しい皮膚の細胞が作られ、新たな肌を形成しています。しかし、高齢による肌力の低下、皮膚内のヒアルロン酸の低下、紫外線の影響によって皮膚力は低下をする一方となってしまいます。
そのため、角質が剥がれずに残ってしまうことがあります。この角質が固まってできるのがスキンタッグとなります。

 

ウイルス性のイボと勘違いをしてしまい、病気と思ってしまう人もいますが、ウイルスは関係ありません。そのため、きちんとスキンタッグに悩まされないようにケアをすることで取ることができるようになるのですね。

 

病院へ行く時間が無かったらお金が心配なんて人もいますが、安心してください。
スキンタッグのケアは自宅ですることもできますし、自分でケアをする人は非常に多いんです。

 

スキンタッグのケアの基本は2種類

 

スキンタッグのケアに重要なことは原因を知ればおのずと理解することができます。

 

冒頭でも紹介をしたように角質を剥がすターンオーバーの乱れによって角質が残ってしまうことが理由となります。そのため、肌力であるターンオーバーの促進をさせることが重要となります。

 

ただ、肌力を高めるケアであればもともとあなたも毎日のスキンケアを行っているのではないかと思います。しかし、スキンタッグが発症をしてしまっている。

 

そのため、スキンタッグが取れやすい状況にする為のケアも大事となります。

 

  1. ターンオーバーの促進
  2. イボが取れやすい状態に導く

 

この2つのケアをすることが自宅でケアする上で非常に大事となるのですね。

 

ターンオーバーの促進させるケア

 

ターンオーバーを促進させる為のケアとして大事となるのはヒアルロン酸やセラミドなどによる保湿です。

 

今まではスキンタッグに悩まされていないにも関わらず発症をしはじめるには原因があります。紫外線によるダメージの蓄積や加齢による肌力の低下も関係はしてきます。

 

しかし、特にヒアルロン酸やセラミドのような保湿成分が減少をしてしまっているのが大きく関係をしています。

 

加齢によって皮膚内の保湿成分は減少をたどる一方となり、これを防ぐことはできません。しかし、保湿成分は紫外線からのダメージを守るバリア機能や角質を剥がすターンオーバーに大きく関係をしてくる大事な美肌成分です。

 

そのため、保湿をしっかりとすることが重要となります。

 

スキンタッグが取れやすい状態に導くケア

 

このサイトを見ているあなたはスキンタッグの予防ではなく、すでに悩まされているはずです。

 

そのため、保湿ケアだけでなく、取り除きたいのであれば、取れやすい状況に導くケアが大事となります。

 

スキンタッグのような老人性イボ用の薬として有名なのであれば、イボコロリの錠剤があります。この錠剤の成分のほとんどがヨクイニンと呼ばれるハトムギから抽出された成分となります。

 

ヨクイニンは高い保湿力を持ち皮膚を柔らかくする性質があります。そのため、古い皮膚である角質が原因となっているスキンタッグを柔らかくし取れやすい状況にすることができるのですね。

 

老人性イボ用の薬や化粧品の多くにヨクイニンが配合されているのにはきちんと理由があるのですね。

 

スキンタッグはケアだけでなく予防も大事!大量発生を防ぐ

 

スキンタッグは発症をすると大量にポツポツとできてしまうことが多いです。

 

ウイルスが原因ではなく肌力の低下が関係をしているので、当然のことながら感染した部分だけではなく、ケアができていない皮膚の部分にどんどんできてしまいます。

 

特に顔や首にできやすいのですが、その理由は露出をしている部分でもあるので紫外線を浴びやすく、肌力が低下をしやすいのが関係しています。

 

そのため、ケアをする上で大事となるのは上記の2つを含む化粧品や化粧水でのケアだけでなく、紫外線対策も同時に行うことです。

 

特に最近では排気ガスなどによりオゾン層の低下などによって、日当たりが強くなったりしています。きちんと紫外線対策として日焼け止めクリームを使って紫外線ダメージを防ぐようにしていきましょう。